妊産婦医療福祉費支給制度(妊産婦マル福)

[概要]

妊産婦医療福祉費支給制度(妊産婦マル福)とは、妊産婦の医療福祉受給対象者の方が、必要とする医療を容易に受けられるよう、医療保険で病院などにかかった場合の一部負担金相当額を公費で助成し、医療費の負担を軽減する制度です。

[支給内容]

医療機関で受診した際に、医療機関の窓口で負担する保険診療分の一部を助成します。
※ただし、外来では1日600円(月2回まで)の自己負担、入院では医療機関ごとに1日300円(月10日まで3000円限度)の自己負担があります。
※保険適用外のもの(健康診断、予防接種、薬の容器代、差額ベッド代など)、食事代は対象外です。

[対象者]

母子手帳の交付を受けた妊産婦
(妊娠届出日の属する月の初日から出産日の属する月の翌月末日まで)
※妊娠・出産に係るもの以外の疾病、負傷で受診された場合は償還払いの手続きが必要です。

[申請できる人]

対象となる方ご本人

[申請期日]

随時

[手続きなど詳しくは]

「医療福祉制度(マル福)(稲敷市サイト)」または「医療福祉(マル福)のしくみ(茨城県サイト)」をご覧ください。

医療福祉制度(マル福)(稲敷市サイト) 医療福祉(マル福)のしくみ(茨城県サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく